アースホームニュース

再び熱い注目を浴びている伊豆の別荘

伊豆の別荘と言えばバブル時代に大いにもてはやされ、首都圏の人々が悠々自適の余生を送る地として競うようにして土地を獲得し、設備の整った別荘群の周辺は季節を問わず大いに賑わっていたと言われます。
近年は一時のブームが落ち着いて自然の良さを体感できる静けさを取り戻しており、環境の良い都心への通勤圏内として別荘兼住居といった雰囲気で定住する人も出て来ています。
風光明媚な土地で農産物にも海産物にも恵まれているうえ温泉も随所にあり、伊豆が終の棲家として申し分のない地であることが、改めて注目を集めるようになりました。特に鉄道駅から近いエリアにある別荘地周辺では、定住する上で欠かせない商業施設や病院などが充実して来ている地域もあり、高齢になって自家用車を運転できなくなって以降も安心できる循環バスなどが運行されるようになったエリアも見られます。公共施設のバリアフリー化も進んでおり、かつての別荘ブーム時代以上の居心地の良さと便利さを兼ね備えた別荘地が増えて来ています。

間近に見える富士山の絶景や真冬も暖かい日が多い伊豆は、昔から老若男女問わず多くの人々を魅了する地域でもあり、その伊豆に別荘を持つというステイタスは、時代を超えて憧れられていると言えます。

伊豆不動産、熱海不動産をお探しの方、戸建て物件、マンションや別荘、土地など、アースホームでは幅広い物件を取り扱っております。
http://earthhome.co.jp/

メニュー