アースホームニュース

熱海の不動産の特徴について

熱海と言えば、東京駅から新幹線で1時間弱で行くことができるほか、車でも2時間ほどで到着できる距離にあります。特に首都圏からのアクセスが良いことから、古くから温泉を中心とした観光地・別荘地として人気があります。ただし、熱海市内は海と山に囲まれた急峻な土地が多く、宅地として開発できる場所は極めて限られています。そのため、需要に対して供給が追い付かない状況が生まれやすく、結果的に、熱海市内でも交通の便がよい場所や、海の眺望が素晴らしい物件は非常に人気が高く、不動産価格も高くなります。
特にバブルの時などは、投資目的での購入者も多く、熱海の不動産価格は高騰しました。また、最近では中国などのアジア諸国の富裕層を中心に、日本国内の不動産人気が高く、そのような人たちが購入するケースもますます増加傾向にあります。観光で成り立っているまちという点も含めて、熱海の不動産は、景気の影響を大きく受けるという特徴があります。
熱海市内の不動産は、特に海沿いの土地などは、その多くが別荘・ホテルといったリゾート関係に用いられている一方、観光業に携わる人も含めて、地元の人たちは山沿いの土地に住むケースが多くなっています。また、熱海市内ではなく近隣の町などに住む人も多く見られます。

伊豆不動産、熱海不動産をお探しの方、戸建て物件、マンションや別荘、土地など、アースホームでは幅広い物件を取り扱っております。
http://earthhome.co.jp/

メニュー